高速通信データ量の増量

高速通信が使える格安SIMにおいて、そのデータ量を一定期間、増量してくれる特典です

例えば、通常は300MB/月のところを、4ヶ月間は600MB/月まで使える、といった具合です。一定期間はワンランク上のプランになるような感覚で使えますね

この特典を金額換算するなら「容量追加オプション」の料金分となります。キャンペーン特典以外でデータ量を増量しようと思えばこの「容量追加オプション」を追加購入することになるので、そのぶんの料金というわけです。

金額換算した総額を式で書けば以下の通りとなります。

  • 総額 = 容量追加オプションの料金 × 容量追加オプションの個数 × 月数

先ほどの例で計算してみましょう。容量追加オプションは、100MBあたり500円としましょう。

300MB/月から600MB/月になるのですから、容量追加オプション3個分ですね。これが4ヶ月分なので、500 × 3 × 4 = 6,000円となります。1ヶ月あたり1,500円ですね。なかなかの多さであることがわかります。

この特典は、実際お得なのか?

ただしこの特典、人によってお得かどうかが変わる特典だと思います。

普段は高速通信をあまり利用しないから、データ量も必要最小限でいい…と考えている方であれば、データ量が増量したところであまりありがたく感じられないはずです。

そういった場合は、他の特典があるキャンペーンを狙った方が良いでしょう。

一方、高速通信のデータ量増量分をうまく使い切った方でも、期間が過ぎればデータ量は通常の容量に戻ってしまいますから、その後どうするかが問題になります。

プラン変更が可能なサービスなら、データ量の多いプランに変更する手があります。

というか、その場合は最初からデータ量の多いプランをメインに考えておいて、始めの数ヶ月だけは「データ量の少ないプラン+キャンペーン特典」にすることで、実質的に割り引きと同じにする、といった考え方の方が良いかもしれません。そう考えればなかなかお得な特典になるでしょう。

プラン変更をしないならば、期間終了後は通常の容量で我慢するしかありませんね。

もし我慢しきれなかったら容量追加オプションを使うことになりますが、そうするとかえって料金が高くついてしまいます。それでは本末転倒です。

できれば、計画的にキャンペーンを受けるのがベストです。

しかしそうでなくても、格安SIMを始めて使う方で、1ヶ月にどれだけのデータ量を使うかよくわからない、という場合にこの特典を利用してみるのも悪くないですね。データ量が十分なのかそうでないのか、増量期間中に判断できますので、その結果によってプラン変更するかどうか決めることができます。

特典を知る